全身脱毛の良し悪し

まずは、全身脱毛のメリットですが、1部位ずつ処理していくのではなく、広範囲をまとめて処理していく形になるため、1部位ずつで最終的に全身の処理をする場合より、処理が完了するまでの期間が短いです。短期間で、体中の広範囲を処理することが可能という点以外では、料金面のメリットもあります。

1部位ずつ契約し、最終的に全身を処理する場合に比べて、全身脱毛は割安で施術を受けることが可能です。そのほか、光脱毛による全身脱毛は、自己処理の時間や手間、肌にかかる負担を軽減することもできます。脚だけサロンやクリニックで、あとの腕などは自己処理でというような煩雑さが、全身を処理していることでなくなります。

次に、全身脱毛のデメリットですが、部位脱毛に比べて料金が高いです。部位脱毛ではじめて、ほかの部位も気になって施術を受けてという具合に、繰り返し受けて最終的に全身脱毛のようになる場合よりは割安ですが、広範囲を処理するためまとまったお金がかかるのは避けられません。ただ、今は低価格化や10,000円未満の月額定額制を採用しているところが多く、全身脱毛の料金面のハードルは下がっています。

このほか、広範囲を施術するということで、部位脱毛より1回あたりの施術時間がかかります。ただ、この点も1回で全身を処理するのではなく、複数パーツずつ日をあけて処理することにより、1回あたりの所要時間の短縮化が図られています。

全身脱毛&部位脱毛とは?

全身脱毛というのは、わきの下、腕、脚、背中など、全身の広い範囲を処理する施術です。体中のありとあらゆる部位のむだ毛を処理すると思われがちですが、実際には違います。全身脱毛を行なっているところによっては、顔やVIOラインの処理が含まれていないことがあります。光脱毛での全身のむだ毛処理を希望する場合には、自分が気になっている部位が施術対象に含まれているかどうかを確認する必要があります。

一方の部分脱毛は、特定の部位だけ処理する施術のことをいいます。わきの下だけ、脚だけ、腕だけ、背中だけ、VIOだけ、顔だけといった具合に、施術を受ける人がどこのむだ毛を処理するのかを選択することが可能です。

なお、どこか1部位のみだけでなく、全身とまではいかないものの、複数部位の施術を行なうことも部位脱毛と呼びます。全身とまではいかないものの、複数のパーツの処理をセットにして、1部位ずつ処理するより割安価格に設定しているところも少なくありません。どの部位の部分脱毛に対応しているかはサロンやクリニックによって異なります。全身脱毛の場合と同様に、自分が気になっている部位の処理が可能かどうか、事前に確認する必要があります。

当サイトでは、この全身脱毛と部分脱毛を徹底比較。それぞれのメリット・デメリットや、最終的にどちらを選択するとよいのか、ポイントを紹介しています。サロン、クリニックでの光脱毛に興味のある方は、他のページの内容もチェックしてみてください。